PIOピアノ雑記帳

ピアノ、音楽関連の話題を主とした雑記帳blogです。

カテゴリ:音楽セミナー・レッスン・個人・友人 > 友人

8月も末になりました。
自粛ムードで変化のなかった生活にも、今月は動きがありました。

オンラインまみれの仕事は、今週から1か所のみに(5月~7月は3か所)。
数日前、息も絶え絶えになりながら、大人数クラスの成績を登録しました。
が、来月中旬に始まる新コースの準備もしなくてはならず、ほんとに気が休まりません。
今も継続中の若い学生5人(海外で寮生活中)とは、ほとんど家族同然の心境に……危ない、危ない。のめり込みすぎないよう、気をつけねば。

そうそう、音楽でも。
とある平日昼間、友人と3人、近所の小ホールに集って演奏を楽しみました。
3月以来、です!楽しかった~♪
その帰りに思いがけずもヴァイオリン工房を覗かせていただいたりもしたのでした。

IMG_2731

家族関係でもいろいろ。
月初には、正月以来の実家への移動。
元気な両親にほっとし、すっかりこちらが世話になってしまいました。

中旬には、私が「区のがん検診の結果、要精密検査」という驚きの通知を受け、人生初のCT検査。
でも、「何ともなし。過去の治癒の跡が影となっただけ」という太鼓判がいただけました。
大病院も、コロナ禍の影響か受診者が少なく、あっという間のスムーズな検査。
検査後1時間で、「緘」という印で厳封された封筒を渡され、その足でかかりつけ医のクリニックに直行して結果を聞きました。ホッ

そして一昨日。
毎月4日間ほど、義妹宅から我が家にいらしていただいている義父が、移動途中で行方知れずに。
都内の短い移動で、簡単な乗り換えが1度あるのですが、
「乗り換え手順のメモがあれば、自分で行ける」ということで、ここ数か月問題なく続けていたのです。
ところが、今回はついに待ち合わせの駅に姿を見せず……焦りました。
結局、義妹が捜索願を出し、夜も遅くなってから、まったく方向違いの「元住んでいた自宅の最寄駅」のそばで警察の保護を受けたとの連絡が入りました。
今後については、これから相談です。

そんなこんなで、ちょっと今日はぼおおっとしております。
相変わらず暑い!

本業のお仕事のほうで、あっぷあっぷ状態の私を心配して、
音楽仲間かつ同業者でもある友人が、
すてきな差し入れを持ってきてくださいました。

以前、いっしょにお食事したお店の
テイクアウトの人参ポタージュ。
蓋つき紙製パッケージに入ってきた「ポタージュのベース」を
牛乳でのばしていただきましたよ。
本日は、冷たい牛乳で冷製ポタージュ。
いやもう、本格的な優しいお味に、家族一同で癒されました~。


EB66C84C-E0A4-4C74-ADC9-8B45C037B376

家族は既に食べ始めていて、慌てふためいて撮影したら、
主役がなんだかわからないようなことに。
ほかにもサラダとか副菜とか、あったんですが。

楽しみは食べること!
という自粛生活・在宅勤務の夫も、大満足でした。
心優しい友人に、感謝感激❤

2ヵ月ぐらい前、
まだcovid-19騒動が対岸の火事だったころの会場予約が
「利用者側の責任において利用すること」
という条件付きで認められ、
友人たちと3人で音楽遊びをしてきました。

楽しかったです♪

IMG_2315 (2)
会場入り前に撮った写真。
撮影したときには気づいていなかったのですが、
なんと「虹」が写っていました。上下ひっくり返った形で。

会場はこんな感じ。
空間が広いことですし(この3倍の容積はあります)、集ってもOKかと。
IMG_2321 (2)

IMG_2319 (2)

消毒液も写ってます。
揃ってばっちりマスク姿の我々。
一緒に遊んでくれる友人たちに感謝、感謝であります♪

本日コケたところは、また練習しまっす。

9年目の3.11。
そんな日に、レッスンへ出向きました。

レギュラーのレッスン(1か月に1回)は先生のご都合で2月はキャンセルになり、
その後、covid-19の影響で、お仕事セミナー、研究会、楽しみにしていたコンサート、すべて中止or延期となって、久々の外出イベントです。

前回は第1楽章。
今回は第2楽章と第3楽章。
まがりなりにも合わせられるようになった時点で「ようやった!」と、ちょっと思う。。。💦
393E8BC1-0812-4469-9128-0DD4D3BD0B1C

本日のレッスンのポイントは、
  • 腕や指に負担をかける弾き方を見直しましょう。力まかせに無理やり音を並べても美しくありません!
  • 「ピアノ」「ピアニシモ」とあっても、音に芯が必要。そういう音が出せないときには、mfぐらいの音量で、音色を確認してみましょう。
  • 第1ピアノ、第2ピアノで掛け合いになる箇所は、アーティキュレーションも同型で。聞き手が、掛け合いを聴きとって「ああ、なるほど。面白いね。美しいね」と感じられるように。(まずは弾き手自身が感じていますか~?)
  • 「一人旅」「掛け合い」のあと、「ぴったり合う」箇所をちゃんと意識して、音の明るさ、重さなども変化させましょう。
  • 「どんな音楽を作りたいのか」のイメージをもっと明確に持ちましょう!

で、家に帰ったら、佐野主聞さんが

『花は咲く』ピアニストがイチから譜読みして撮影する過程を配信

って動画をアップされてたので
初見から、どうやって曲の完成度を上げていくのか興味をひかれてみてみたら……
レッスンで言われたばかりのこと、
しもんさんは全部、ちゃんと言語化されつつ練習されていて、びっくり。

「初見のときは、体に負担掛けて無理に弾いてるんだよね。
練習では、そこから、自分の体の動きをモニターして、ちゃんと動けるように見直していく」

なるほど。
私は「永遠の初見おばさん」だったわけか。
それじゃあ、本番でも緊張しまくって、間違えまくるわけですね。

「あ、ここでは音色が変わってない。もう一度」
「イメージした音じゃないなあ」
「あ、今、呼吸しなかった。やり直し」
「もっと艶のある音がほしいなあ」
「1時間かそこらじゃ、曲に対する思い入れが足りないなあ。それがわかっちゃう演奏だなあ。まだ微妙だなあ。」
「演奏動画を撮るときは、緊張と集中力が問題」


しもんさんの一言、一言が、示唆に富んでおりました。
で、出来上がった演奏動画、こちら。
美しいです。

『花は咲く』〜震災復興支援曲〜ピアノver.

合わせの3回目。
1回目は1月9日。
2回目は2月12日(初回レッスン後)。

<曲目>
J.S.バッハ:ピアノ協奏曲第5番ヘ短調BWV1056 
編曲 Edwin Fischer
Edition Wilhelm Hansen, Copenhagen

今回は、お初の合わせとして、第3楽章をば。
ページ数も多いし、音符も多いし、大変であろうと予想はしていましたが、
予想のはるか上を行く、あわわわ…状態でした。
声部が多くて、自分の音ですら全部は聞けてない?って状態で臨んだので、
当然といえば、当然。
手が4本になってしまうと、もう、音が追えない。。。
自分の音も聞こえない。。。

片手ずつ合わせ
の練習で、やっといろいろ腑に落ちました。

しかし、バッハ、おそるべし。
ミスタッチの音が目立つこと、目立つこと!
うっひゃ~!って感じ。

練習します。

393E8BC1-0812-4469-9128-0DD4D3BD0B1C

南米に赴任した友人の一時帰国に合わせて、
トルコ、チュニジア料理店にて同窓会。
 
163C29A4-FC3F-4F81-A0D2-22ED477B11E2

赴任といっても、送り元の日本側が給料を払うのではなく、赴任先の受け入れ機関と本人が折衝して現地側で給料を確保するのだとか。
海外でのお仕事を何度も経験した後、専門を変えて神学を本格的に学び、牧師となった彼女です。
彼女の場合、年間150万円の給料で生活できるとのこと。
もともと行動力の人ですけれども、会う度にそのスケール感がアップしていて驚かされます。

会話の中で、いろいろお勉強もさせていただきました。
曰く
「キリスト教」と言っても、一筋縄ではいかない。西欧のキリスト教がカトリック、プロテスタントに分裂。東ローマ帝国側のギリシャ正教、ロシア正教、など東方正教会はそれと一線を画す)

カトリックは「神父」。女性は神父になれない。アルコールに対する禁則はさほど厳しくなく、修道院でビールを醸造することも。
プロテスタントは「牧師」。女性でも牧師になれる。後世になってから庶民階級を信者としてきたため、現実生活における飲酒習慣による生活の乱れをよくわかっていて、禁酒意識が高い。少なくとも教会の中で飲酒することはない。

イスラエルではユダヤ教の教えが厳しく守られていて、安息日の禁則が何十項目もある(あれ?百単位だったかな?)。この日は一切の仕事をしてはいけない。例えばエレベーターの仕事とは「ボタンを押す」ことなので、安息日になる前日に「安息日運転」に切り替えて、ボタンを押さなくても「各階に自動停止」運転になる。

こういう禁則の行きすぎへの反発もあって、キリスト教がユダヤ教から分かれた。

その他、新興宗教の今の様子とか、いろいろ知らないことがいっぱい。。。
トルコ料理との絡みで、聖パウロのお話とかも。

169E247A-F171-4B51-997C-CDAEFBA9DEAD
お皿の模様とか、お店の調度品にも話が発展。
好奇心に満ち満ちた同窓生たち、それぞれの話の広がりっぷりにも刺激を受けました。

二日連続で、おいしく楽しい時間を過ごせたことに感謝です。

2018年に宇奈月モーツァルト音楽祭に参加しよう!
と結成した3人。
名付けて Trio ein null neun
このまま、あの折の曲を忘れていくのは悲しいよね~♪と、
久々に練習会の機会を設定しました。

楽しかったです!

1年半前の本番では、思いっきり突っ走ってしまった3人合わせ曲を改めて。
久々に鍵盤に触るというメンバーもいて、ゆ~っくり♪練習からスタート。
1時間以上の時間をかけて、自己満足レベル(笑)にまで持っていけました。
録音して終了~。
2020-02-15

その後、メンバーのお宅にまで押しかけて一緒に夕食クッキング。
食後のおしゃべりも弾みに弾んで、夜遅くまでの談笑タイムとなりました。
あったかい仲間たちに感謝の午後でございました。

E6CC15BF-490B-4860-A409-8AB8931A4D31

2台ピアノの相方が師事している先生に、初めてのレッスンを受けてきました。
これから取り組むべき方向を明快に示していただけて、実りの多い時間でした。

・弾きにくい箇所は、狭い鍵盤の中で指をどう動かせば楽なのかを研究する。
  いちいち止まって考えるのではなく、次へ、次へとつなげていく意識で。
  どう準備すれば楽に次の鍵盤へと移っていけるか、動きの中で考える。
  どの音に向かっていくか、ピークを見極めて。

・一つ一つのセクションの中にも、沈む箇所、浮き上がる箇所がある。
  セクションごとの変化を追うだけでは足りない。
  漫然と流れずに、きちんと音の性格をつかむ。
  細かく動いてもつぶれないテンポで練習し、音質をコントロール。
 
・和音の響きで曲調が変わる。響きをよく聞くこと。
  響かせる音、その中から生まれる音、その差を出す。

・第1ピアノ、第2ピアノが一緒に「揺らぎ」を感じて「うねる」!
  ドスン、ドスン、と拍を刻むのはNG。

・第2ピアノのバスは全体の支え。
  長い和音で気を抜かない。和音変化の美を感じて動く。


古典派、バッハ。
なんとなく「声部に分けて、淡々と演奏する」イメージがあったのですが、とんでもなかったです。
堂々と胸を張ったり、揺らいだり、
朗々と響かせたり、密やかにささやいたり。

「どんな演奏を目指したいですか?重厚なイメージ?」
と先生に問いかけられて、いや、それは違う!と感じて、とっさに
「スタイリッシュな演奏です!」
と答えた私。
ドスン・ドスン調から脱却し、スタイリッシュに決めたいものです。


バッハ、ほとんど勉強したことがない私。
えっと、子供のころに数曲やったはずですが、曲名も覚えてません。
転勤族の家庭で、あちこち転々としつつ習ったせいもありそう。
ついでに、楽典とかソルフェージュの類も習ったこと皆無。
情けない限り。。。

大人になってから「イタリア協奏曲」の第1楽章と、
「フランス組曲第5番」から数曲やった程度。

バッハ大事!音楽の父!

って、わかってはいるのですが。
なんか、自分の欠落加減の大きさに恐れおののいて避けている感じ。

そんな私が、本日、生まれて初めて足を運んでみたのがこちら。

F22A4FA2-11AC-499E-BAD6-52DD28509EC4
いやもう、すごい大々的なコンクールで、びっくりしました。
大きな会場ホールの入口に到着するや、スタッフの方から丁寧なご案内が。
ちょうど休憩時間のいいタイミングだったとのこと。

9人ずつで1グループ(セッション)。
ステージ左手に、落語の「めくり」形式での番号掲示。
客席後方は審査員席。
おおお、まさにコンクール。
あまりそういう意識なく足を運んでしまったので、ものものしい雰囲気に、ちょっとたじたじとなりました。こんな場所でちゃんと演奏できてしまう方々を、ただもう尊敬~。

で、ちょうどいいタイミングだったという第4グループの9名だけ
何の予備知識もなく(お恥ずかしながら、予習ゼロで)聴いてきました。
こちらの知識&楽曲分析力の欠如もあってか、
弾き姿の影響力の大きさを実感いたしました。
なんかこう、
まなじり決して、ピアノに向かって挑んでいる演奏が結構多くて、
そんなに対決モードにならなくても~
と感じてしまいました。

実は、ネットを通して知り合った方が出場されると知り、足を運んだ次第。
楽し気な弾き姿、伸びやかな音色が印象的で、
演奏者ならではの世界が広がったと感じました。
ご本人、ミスを気にされていたようですが、
テンポや曲調には影響なくミスを乗り越え、ちゃんと全曲弾ききられたこと、お見事だと思いました。(私は簡単にズブズブに崩れてしまいます💦)

ドイツから一時帰国中の友人を囲んで、
ピアノ仲間で集いました。

630F3F21-AA62-4760-AB0F-505CD742C84B

私にとっては久々の、他の3人にとってはお初の会場。
画像は、さあ撤去!という時間になって、はっと気づいて撮った写真です。

ショパン作曲

Etude Op.25-1(エオリアンハープ)
Mazrka Op.33-4
Mazrka Op.63-3
Noctune Op.55-2
Polonaise-Fantaisie Op.61(幻想ポロネーズ)

4人それぞれ、ショパンの曲と取り組んでいることもあって、
あれや、これや、口々に講評し合いました。
そこは、こうやって弾いてみたらいいんじゃないか、
あそこが、こういうふうに気になった、云々。
ほんと、ありがたや~。
ショパンの他には、
バッハのフランス組曲、
ポンセのマズルカなどもチラリと披露されました。

濃密なる時間を過ごした一日。
たぶん、明日の記事に続きます。

バタバタしていて、もう2日前の話になってしまいましたが……
1月9日(木)、月に1回の仕事早上がりの日の夕方、
友人とピアノスタジオで待ち合わせ、初めての合わせ練習をしました。

曲目はバッハ。
私の苦手分野……というか、知識が欠けている分野です。
楽譜の読みも、首をひねりつつ、ではありましたが、
第1楽章初回の合わせで、なんと止まることなく最後まで通せました。

快感~♪

1時間ちょっとの時間をかけて、
2パートの掛け合い箇所、持っていくべき方向、曲の盛り上がり等を確認。
まだまだチェックは甘いですけれども、いろいろ発見がありました。
ここからどこまで洗練させていけるか、楽しみです。

最後の15分で、
もう1曲の「2台8手」を、2台のprimoパートをそれぞれ担当して初見弾き。
こちらは、ほんとに上っ面を撫でただけですけれども、
担当を決められてよかった~。

その後のお食事会、こんなムードで楽しみました。
63BEE113-FEDA-4BD5-834C-10552148FC83

川べりのおしゃれなショッピングモールで、アジアン料理に舌鼓。
るんるんの(あれ?もしかして死語?)夕べのひとときでございました。

素晴らしいセッティング(邸宅全体も、リビングルームも、テーブルも!)、
美味なるお料理、
あたたかいおもてなし、
そして、
楽しい演奏。

ブラボーなクリスマス会でありました。
素敵な友人たちとともにある幸せに感謝。
IMG_2016

IMG_2021

IMG_2027

<演奏された曲目>
  • ヘンデル:  シャコンヌ
  • ブルクミュラー:アヴェ・マリア
  • モリコーネ: ニューシネマパラダイス
  • シベリウス:樅ノ木
  • ニュートン:アメイジング・グレイス
  • リャードフ:舟歌
  • J.S.バッハ:目覚めよと呼ぶ声あり(連弾)
  • モーツアルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス(二胡)
  • J.S.バッハ:フランス組曲第5番 アルマンド
  • クライスラー:ベートーヴェンの主題によるロンディーヌ(フルート)
  • 岡野貞一: ふるさと(フルート)
  • ニーノ・ロータ:ロミオとジュリエット(ピアノ)
  • アンダーソン:そりすべり(連弾)
  • ショパン: 別れのワルツ

  • きよしこの夜、他讃美歌
IMG_2028


素晴らしいメニューは、以下のとおり
ほぼ邸宅の主・Mさま一人でお料理!
ただ、ただ、感嘆。すごすぎます。

  • クリームチーズ&デーツ:アミューズ
  • タルト・タタン風 りんご煮
  • きのこのエスカベージュ
  • バーニャカウダ
  • 生麩のイタリアン
  • わかさぎのフレンチチュリネ
  • 長芋のフリッター
  • 白身魚のカルパッチョ
  • 鶏のミートローフ・レモン添え
  • 蟹クリームコロッケ
  • 鶏肉の紅茶煮
  • 黒豆のリゾット
  • しょうがご飯
  • クリスマスケーキ
  • ミュージックチョコレート

ピアノトリオの発表が終わって、何をしているかというと、
22日に友人宅で仲間が集ってクリスマス会をする予定なので、そのときに弾く曲を練習しています。
15日に終わって、22日に弾く。
そうです。
準備期間、1週間。

去年、モーツァルト音楽祭に遠征した3人(トリオ109と称してます)が主となって計画中。
3人とも同業者なんですが、同僚になったことはないという、不思議なつながりです。
「友達の友だちはみな…」のノリで知り合って、音楽好きで意気投合。
何と全員がご近所さんという偶然まで。

仲間内ホームコンサートということで、気兼ねなくいろいろ楽しめて、ありがたい限り。
(美しい邸宅を開放してくださるMさんに感謝の嵐♪)
皆多忙ゆえ、多くが去年と同じ曲目です(だって、クリスマスゆかりの曲だし)。
でも、やっぱり、ちょっとは新しいこともやってみたい。。。

で、ソロ曲としては、
ブルクミュラーの「アヴェ・マリア」
モリコーネの「ニューシネマパラダイス」
を選択。
どちらも、人前では弾いたことないです。

アヴェ・マリアは、しもんさんの配信に刺激を受けて。
久しぶりに聴いて、おお、いい曲だな~と。
やさしい曲を、美しく弾きたい!という気持ちが
この動画、おすすめです。
ピアノ練習、ピアノ演奏で心がけるべきポイント満載。
で、聞いていて楽しい。



モリコーネは、今師事している先生から「自学自習で勉強してみなさい!」と渡された曲。
自学自習って言われてもね、まずは友人に聴いてもらって、意見がほしい。

去年と同じ再演曲としては、
モーツァルト音楽祭でも演奏した「アヴェ・ヴェルム・コルプス」とか「アイネクライネナハトムジーク」とか
ピアノ連弾で、アンダーソン「そりすべり」とか。

今年に入ってからの再演曲としては、フルートとのアンサンブルのクライスラーとか。
そして、
できるかどうかわからないけれど、二胡と合わせてみたいね~といって譜読み中の曲が少し。

楽しく練習中ではありますが、本業の仕事のノルマもいろいろあり、睡眠時間が激減中。。。
あ、トリオ本番直後の月曜は、久々に朝の通勤で電車を乗り過ごし、ほんと、焦りました。
これ以上、ポカをやらかさないように気をつけねば。

というわけで、
恒例の大掃除など、どうしてもやる気が出ない、困った年末です。

IMG_1787re
友人の演奏を聞いてきました。
演奏が始まる前は、なんだか薄~い感じの存在感だったおじいちゃま、おばあちゃまが
演奏を聴いているうちに、だんだん生き生きしてきて、
終わってみれば、別人みたいになっている方も!
音楽の力って素晴らしい!と思いました。

50分程度の演奏+トーク。
デュオを組んで、もう10年になるんですって。
大拍手👏👏👏大喝采💙💙💙

初めての会場で、発表会模擬リハーサル? 合わせお遊び? などなど。
サロンじゃなく、コンサートホール並みのステージの高さです。
81C87401-D89E-41DE-A5A1-153C1C9211F7
こんな会場が、手軽なお値段で借りられるなんて、知りませんでした。
ステージに上がってみると、蚤の心臓のわたくし、案の定、心臓バクバク。
でもまあ、こういう体験ができてよかったです。
ピアノはスタインウェイ!
弾き手側に音がよく届いたのは、ピアノの特性?ホールの音響?
いろんなピアノがあるものです。

大きな課題は……集中!精神統一!
同席してくれた友人二人からの有益なるコメントもありがたい限り。

・最後の音まで心を配ろう。(最後の一音には感謝を込めて)
・盛り上がっても、主張すべきじゃない音までしゃしゃり出てはいけない。
・落ち着くことは、ドッカリ休憩することではない。音楽はあくまでも流れているべし。

不穏な暗い空の下、解散となりましたが、
雷注意!との予報だった天気、なんとか自宅にたどりつくまで降らずにもってくれて、よかった、よかった。
00AC8EF0-C52A-4FCF-AB3F-35B4523C40D1
普通なら、反対側の正面から見るこの像、始めて裏側から見ました。
レクチャーホールの出入り口がこちら側だったのです。

貴重なものが収めてある区画への出入りとなるからでしょうか、警備が厳しゅうございました。
届け出てあった参加人数と実際の人数との一致がチェックされ、ホール入場前に氏名を書かなくてはいけません。
そして、「Staff」カードを首から下げているように求められました。
でも、会場設営の必要ありませんし、ピアノのセッティングもホールの方がしてくださいました。
ありがたや~。

昨日、めちゃ暑の日曜日午後、
近くの多目的ホールに、友人たちと4人で集ってお遊び会の時間を持ちました。
初見でいろいろ合わせて遊びましたよ。
  • ピアノ連弾。
  • 二胡+ピアノ。
  • フルート+ピアノ。
  • 鍵盤ハーモニカ+ピアノ。

ピアノしか弾けないのはワタクシなもので、ひたすら伴奏。楽しゅうございました。
でも、その反面、いやはや、自分でも嫌になっちゃいました。あまりの出来なさに。

ソロもちょいと弾きましたが、いろいろ突っ込んでいただけて感謝。
アラがはっきりいたしました。
実は今月末に人前で弾く機会があるというのに、旅行中は当然ながら全く鍵盤に触れず。
帰国してからも、留守中の穴を埋めるべく〆切仕事に追われていたこともあって、ピアノにはなかなか向かえず。
なんだかいろんなことが初期化されちゃってました。

よく、ピアノに向かえないときこそ楽譜に向かって頭の整理!
などというお話を聞きますけれども、私はそういうの、からっきしダメなんです。
このあたりに大きな問題があるという自覚はあるものの、克服の気力がわいてきません。
いろんなことに手を付けて忙しそうにしてますけれど、それらすべてが、私にとっては現実からの逃避行動のような気もします。

いかんなあ。
どんどん自己否定の方向に意識が走って行ってしまいます。
どうやって止めたらいいのかなあ。

↑このページのトップヘ