PIOピアノ雑記帳

ピアノ、音楽関連の話題を主とした雑記帳blogです。

カテゴリ:芸術(音楽以外) > 美術

「思い立ったが吉日」とばかりに、行ってきました。
コロナ対策のため、事前に時間を予約する必要がありますが、「押し合いへし合い」になることなく、ゆったり鑑賞できるので、これはいいシステムだと思います。
AA2BE517-1881-4EB5-AD93-9477A04CE79B

朝から授業を二つやって、ねじり鉢巻きで仕事もこなして、
  • 16時~16時半の間に入場
という予約券で、入りました。
この時間帯、おすすめです。
17時半で閉館ですが、特別展を見てから常設展もざっと見て回る余裕がありました。
61E4C259-20A8-4E16-8984-F4243309CAB7

特別展のほうは、よく考えられた展示だなあと思いました。
ヨーロッパの美術史の流れや、
覇権の移り変わりなどもよくわかり、興味深かったです。

一番印象に残ったのは、最初の部屋

Ⅰ イタリア・ルネサンス絵画の蒐集

15~16世紀の絵画だというのに、なんと鮮やかな色使い。
圧倒されました。
これは、ヨーロッパの北の方の国々が、イタリアという国にあこがれたわけだなあ、と実感。

呼び物になっていた、
フェルメールの「ヴァージナルの前に座る若い女性」は、
ヴァージナルという鍵盤楽器に心惹かれましたが、光線の加減によってもたらされるインパクトは、ほかの作品ほどではなかったような。。。
それよりも、常設展で見た「聖プラクセディス」のほうが印象的でした。
(➡こちらの個人ブログで解説されているのを発見)

ゴッホの「ひまわり」、充実した解説でした。
本物の絵より、解説の充実度のほうが印象的だったくらい。

見やすい、わかりやすい、という点では一押しです。
でも、
国立美術館といえば、
この上野の国立西洋美術館の常設展だって、なかなか見事じゃないか!
とも思いました。
閉館間際という時間帯もあったでしょうが、
大きなモネの水連の絵に囲まれた空間をほぼ独り占めできたりして、至福の時を過ごしましたよ。

66EF789E-3664-487E-B5AC-198DC7125921
緑と展示室とのコラボもお見事。
いい時間でした。

今日はこちらへ行ってまいりました。
01E71AB1-BB75-436F-8291-9704950794B1

ただただ、仕事漬け!という日々に嫌気がさし、
午前の配信授業を済ませてから、「いざ、ゆかん!」
15時過ぎに会場入り。
1時間半ぐらいかけて見て回りました。
会期も短いし、混んでいるかも……と思ったのですが、まったくそんなことはなく
ゆったり鑑賞できました。

一番の感想は、
  • ポーランドのポスター、かっこいい!
です。
ショパコンはもちろん、ポーランド各地でのショパン関連のフェスティバルなど
多くのポスターが展示されていたのですが、それぞれなんともクール!
サイズも大きい堂々たるポスターが、ドドンと並んで掲示されている眺めは壮観でした。

それから、ショパンの曲に触発されて描かれたという絵や版画もたくさん。
作品番号だけでは、メロディーが全く浮かんでこないわが身に、
「すみません。出直してきます。。。」
という気持ちにもなりましたが。恥。

とにかく、
ショパンという一人の人間が、ここまで多くの美術人に影響を与えてきたのか!
と舌を巻く思いでした。

彼が生きた時代を実感できるように、という配慮も効いていました。

第1楽章 わたしたちのショパン
第2楽章 ショパンを育んだ都市ワルシャワ
第3楽章 華開くパリのショパン
第4楽章 真実のショパン――楽譜、手紙――
第5楽章 ショパン国際ピアノ・コンクール

そうそう、
有名なドラクロア画、切り裂かれたショパンとジョルジュ・サンドの絵が、
もとの姿に復元され、1枚の絵となっていたのも印象的でした。

去年の夏に3泊してきたワルシャワに、懐かしい気持ちが湧いてきました。
自筆の手紙と、生き生きとした日本語訳の展示で、ショパンの実像に思いを馳せたりも。
異空間にトリップしてきた感じです。

休館中の京都国立近代美術館
『チェコ・デザイン 100年の旅』から生中継


上記を録画で見ました。
……といっても、全部ではなく、3分の2ぐらい。
びっくりの大長編・3時間番組を2時間ぐらい、です。
2020-03-29 (3)
京都国立近代美術館からの中継です。
京都の桜が見られて感激~。
2020-03-29 (4)
こちらの方々が解説してくださいました。
やはり、企画した方の解説、裏話とか、面白いですね~。
ニコ動で【ニコニコ博物館】ていうシリーズをやっているなんて、初めて知りました。
興味惹かれるけれども……みんな3時間級のボリュームなのかな(怯え)

チェコ、去年訪れたこともあり、見てみた次第。
なんと、世田谷美術館での展示が終わっていたなんて、知りませんでした。
番組中のアンケートでも、
「この配信で、初めてこの展示について知った」
という人が8割越えでした。私もです、はい。

時代(1900年頃~2020年頃までの約100年)を8区分して、
それぞれの時代を象徴する椅子を「展示の表紙」のように扱ってました。
2020-03-29 (6)
(1)1900年前後(国民劇場支配人用の肘掛け椅子)

2020-03-29 (7)
(4)1930年前後

2020-03-30 (2)
(5)1940年前後


2020-03-30 (3)
(6)戦後・1960年前後

時代の変化がわかって、おもしろい。
いちいち画像にしませんでしたが、なんだか和風っぽい柄も多々登場。
(あ、画像はアップしてはまずい?。。あとで削除するかもしれません)
色合いも、どぎつい色より、中間色っぽい日本語のみの色が多くて、親近感~♪
なんだか心理的に近しく感じるなあと思いました。


2020-03-30 (4)
「チェコはデザインはいいんだけれども、用途不明になっちゃうことが多くて。
ポスターでも、何の情報を伝えたいのか不明……ってものが多い」
という話が、あちこちに出てきたのも、面白かったです。

2020-03-30 (5)
シュコダの車。
BMWは、この会社の技術を羨ましがっていた……とチェコ人は言うそうな。

2020-03-30 (6)
掃除機。懐かしい形。

チェコって工業国だったんだ!
と、納得もしました。

この後、おもちゃと、アニメのお話があと1時間続く模様。
時間があったら、後で見ます。
いつまで公開されているのかな。。。

ネット配信、こういうものも面白いですね。
美術関係の配信、お初の体験でした。

小池都知事による
週末の外出自粛要請 
が発効する前に、と外出を決行。
DF7488B5-7448-4465-B17C-895F461A18E6
こんな美術館があることを初めて知りました。
エマーユとは、フランス語で〈エナメル七宝〉のこと。
フランスのリモージュが、その芸術の中心地。
ナポレオン3世時代やアール・ヌーヴォー期のエマーユ小箱、絵画、装身具を集め、展示する、日本初のエマーユ専門美術館だそうです。

このご時世ですが、10名ぐらいの来館者がいました。
美術館といっても、
マンションの1階が装身具の店舗、2階が展示コーナー、というつくり。
展示品すべてにキャプションがついていて、わかりやすかったです。
C762E580-9776-4F1B-91A0-147A58170684
いかにも貴族趣味的な繊細さ、きらびやかさにタジタジ。
なかなか面白い体験でした。
両親から招待券を譲ってもらって、感謝です。

せっかくの晴天だったので、帰りは目黒川沿いをお散歩。
桜は🌸7分咲きぐらいだったでしょうか。
中目黒駅側は、なかなかの人出でした。
9DA6B76B-DD06-4F76-97D8-5D5003A22E89

9A4822C9-4FBA-4F8B-9DD5-24EDFBD5153F


B5B5EDF9-5D62-4831-BD60-AFCFB8DCDDE4

これは、不要不急の外出になってしまうのか??
という危惧を少しは覚えましたけれど、
でも、前売り券を買ってしまっていたので、えいやっと行ってまいりました。
東京都美術館。

61557BFF-FC4F-40E7-8DEC-018E320A5048

まるで展示中の絵とシンクロするかのような、灰色の曇天のなか。
色実を抑えて描かれた、北欧の静謐なる空間、堪能いたしました。

Cob\vid-19の影響で館内はガラガラ?なんて予想していましたが、それほどではありませんでした。
もちろん、大混雑ということはありませんが、なんとなく順番を待たないとキャプションが読めないという箇所も何か所か。

デンマークという国が島国であるという認識、私には薄かったなあと自覚しました。
首都コペンハーゲンは、シェラン島という島に位置しているんですね。
そして、多くの画家が、ユトランド半島の北端に位置するスケーインという町に魅せられ、「スケーイン派」という一派をなしていたということも初めて知りました。
この港町を描く一派は、外の風景や、海で働く漁師たちに惹かれたのに対し、
ハマスホイは、首都デンマークの部屋の中に美を見出す。。。面白いです。

家具として、また楽器として、「ピアノ」がタイトルに入った絵も何点か。
でも、あれは、ピアノというよりクラヴィコードでは?と思いました。
まるで机のような平たさ、鍵盤の少なさ、からいって。。。
英語表記の原題でも確かに「piano」になってましたけれども。

ショップでは、最近のプラスチック製品敵視(?)と軌を一にする動きなのか、
購入した品物を入れるのは展覧会特製の「紙袋」になりますが、いいですか?という一言が。
そして、紙フォルダというのがドドンと目立つところに置いてありました。
粗忽者の私は、紙製はすぐに破いてしまいそうで、例のごとくのプラスチックを購入してしまいましたが。
DC6AACFD-B27D-440F-9437-2D5A82563C29
ささくれがちな心が、ふっと落ち着く気分になりました。
行ってよかったです。

国立新美術館に足を運びました。
私にはめずらしくイヤホン・ガイドも借りてみましたよ。
ナビゲーターは金子美勇士氏。ハンガリーといえば彼ですね。
一部、金子氏によるピアノ演奏も吹き込まれていました。
  1. ハンガリー狂詩曲 第2番 フランツ・リスト作曲
  2. ピアノ・ソナタ 第3楽章 バルトーク・ベーラ作曲
  3. 巡礼の年 第1年 スイス S.160 より 泉のほとりで リスト作曲
  4. ハンガリー狂詩曲 第16番 リスト作曲
  5. ラ・カンパネラ リスト作曲
4番目のハンガリー狂詩曲第16番は、展示されていたリスト晩年の肖像画(この絵が描かれた4か月後にリスト死去)を手がけた画家、ミヒャエル・ムンカーチに献呈されたものとのこと。
そのお礼として、リストの肖像画を描いたのだとか。

今、バルトークとリストで、なぜ姓名の語順が違うのか?と不思議に思いましたが、
ハンガリー語では普通「姓・名」の語順なのですね。
バルトークはこのハンガリー流の語順で表記し、
国際的に活動したリストは通称どおり「名・姓」の順に表記したのでしょう。
彼、そもそもハンガリー語があまり得意ではなかったという話も聞きますし。

さて、ポスターでもよく目にする
鮮やかな色彩が目を惹く≪紫のドレスの婦人≫は、ハンガリー国のモナリザ的な扱いなのだとか。
発表当時、専門家の間では不評だったそうですが、国民に大人気。

26FA5B7F-E2D0-424A-B3F4-30D3B9E27417

全部で130品も展示されていて、
まさにヨーロッパの美術史をお勉強するような感じでした。
市民革命、産業革命が、宮廷画家の世界から市民の絵画へ、という流れを作ったことは知っていましたが、
それより前の時代、宗教改革の影響が絵画に現れていたとか、新たな発見もありました。
わかりやすかったです。
あまり混んでいなくてゆっくり見られたのもGOODでした。

ピアノ弾きあい会のあと、
せっかくだからお茶しましょう♪と訪れたのが、こちら。

1B6D4C22-99F7-46D1-BDA2-33783CB65A1B


B01DA265-A881-47DE-929E-A67D9BAD9954

去年の夏にも訪れた藤城清治美術館のカフェです。
今回なんと、お店の中には藤城清治氏ご自身のお姿が。
リハビリをかねて、1日に1万歩ほどは歩かれ、その途中に立ち寄られるのだとか。
「ほら」
と、万歩計が8000歩以上を示しているのを見せてくださいました。
とっても気さくな先生でいらっしゃいます。
色あざやかなメルヘンを感じるファッションで、
作品同様の妖精さん的な雰囲気をまとっておられました。

D1E57C65-B6F0-457B-89D0-1B72DC515255

お言葉に甘えてサインもいただいた私たち。
90台半ば過ぎでいらっしゃるはずですが、とてもそうは思えないしなやかな動作に感服いたしました。

まるで春のようなうららかな日、
おしゃべりにも花が咲いて、ついつい長居をしてしまった私たち。
いい一日でした。

日本画のことなど、何もわからないのですが、
友人たちから「いいよ!」と聞いて、会期末間近の特別展に足を運びました。
IMG_1968

鏑木清方(1878-1972)は東京神田の生まれ。
展示室に入るや、すぐに並んでいたのが、

《明治風俗十二ヶ月》(1935 年)。

え?明治だよね?江戸じゃないよね?
と思ってしまった私。
そうですよね。
昭和に入ってからも、いえ、戦後もしばらくは普段着は着物だったのですよね。
考えてみたら、私の祖母だって、私の幼少時は普段着の着物をよく着ていました。
こういう感覚、忘れてしまっていたなあ。

12か月それぞれ、季節の風俗が生き生きと描かれていて、
これ、気に入りました。
例えば10月は、夜8時頃を指す掛け時計(近代の象徴ですね)の下で、
和服姿で針仕事をする女性二人と、
その横で小さなちゃぶ台のような机に向かって勉強する丸刈り頭の少年。
もちろん、椅子なんてなし。和室に座り込んで、鉛筆ならぬ「ふで」使用。
うう。ほのぼの。勉強の秋。
こういう日本の風景に、思いっきりノスタルジーを感じちゃいました。

展覧会の呼び物となっている
《築地明石町》
さすがの美しさでした。
美女三人を描いた作が三つ並んで掛けられているのは、まさに圧巻。
中でもやはり、中央の明石町が美しかった。
彼女が来ている緑色の和服の布地が再現されて展示されていましたが、これまた素晴らしい。

清方の描いた絵巻物もありました。
絵はもちろんですが、文字の美しさにも息をのみましたよ。
明治、大正時代って、こういうものが生きていたんですね。

清方って、フィンセント・ファン・ゴッホの25歳年下。
(ちょうどゴッホを描いた小説を読んだばかりなので、思った次第)
清方は浮世絵師ではなく、
「挿絵画家として画業をスタートさせ」て「美人画で上村松園と並び称された日本画家」ではありますが、浮世絵の精神は着実に受け継いでいる芸術家でしょう。
そう考えると、
ゴッホの時代はもちろん、その一つ下の世代でも、
日本での浮世絵、日本画って、まさに「今、生活の中で生きているもの」だったんだなあ
なんて思いました。

IMG_1966
画像は、美術館4階の「眺めの良い部屋」。
ここでしばらく、ぼーっとしてました。
ゆっくり過ごしたのは、初めてだったかも。東京国立近代美術館。
おすすめです。

IMG_1970

お友達の方の作品が展示されている公募展。
それも、受賞されたと聞いて、これは見に行かねば!
と、行ってきました。

IMG_1759

美術館では、いろいろな展覧会が開催されています。
そのうちの一つに入場してきただけなのですが、
その一つだけでも、ほんとに多くの作品が展示されていて、圧倒されました。
作品ひとつ、ひとつ、時間をかけて、精力を注ぎこんで、制作されたのだろうなあ、、と。

お友達の作品は、ちょうど視線の高さのところ、出口近くの壁の中央に。
さすが受賞作品だけあって、鑑賞に最適。
去年の入選作(同一テーマの二点)はちょっと見上げなくてはいけない位置でしたから、
おおお!出世されている!!
と思いました。

去年からの連作です。
去年は妊婦さん。
そして今年は、抱いた赤ちゃんと目を合わせる若いお母さんの母子像。

題材も、質感も、色彩も、希望を感じさせるもので、
後光がさしているように見えました。
IMG_1760
芸術の秋、です。
すごいなあ。。と会場を出て、木々もちょっと紅葉し始めていることに気づきました。

@森美術館

先週の「夕方美術館」に味をしめて、また足を運びました。
早めの時間にお仕事を切り上げられる木曜日は、今週が最後。 

友人が何人か足を運んでいた美術展。
先月のボルタンスキー展も印象深かったので、改めての現代美術です
50D7668F-60C7-4CBA-AB55-88C75C18BF39

「魂がふるえる」
って、感動するってことかな~
と、ぼんやり考えていましたけれど、そんな生易しいものではなかったです。

禍々しい(まがまがしい)
痛々しい(いたいたしい)
おどろおどろしい

そんな展示物(「インスタレーション」という表現を使うのですね)が、
映像が、動画が、これでもか!これでもか!
と連続する様相に、まずもって、ドカンとやられました。
「赤」
これって、ほんと、「血」そのもの。

それなのに、
なぜか、美しさも、なんというか崇高さも、感じるのですよね。

3D5BC097-F44A-4202-8251-511DE9BFB9AC

19FA2CA9-6428-464B-B2C1-A10D08FE6A15
ピアノ、です。
なんでも、塩田氏、火事に焼け焦げたピアノが路上に放り出されているのを実際に見て、インスピレーションを得たのだとか。

生と死という人間の根源的な問題に向き合い、「生きることとは何か」、「存在とは何か」を探求しつつ、その場所やものに宿る記憶といった不在の中の存在感を糸で紡ぐ大規模なインスタレーションを中心に、立体、写真、映像など多様な手法を用いた作品を制作。 
出典:https://www.chiharu-shiota.com/


壊れかけのピアノと、聴衆用の無人の椅子が、
黒い糸で、まがまがしく囲われています。
音の響きって、外に広がっていくはずのものなのに、逆に囚われてしまっているような。
でも、それが、音楽を通したコミュニケーションを象徴しているような。
音楽の発生源が壊れているからこそ、結ばれている、とも受け取れるような。
ううむ。多義的、哲学的。

6161A80D-74B8-4D24-B098-94E57A2E6E68
拠点としているベルリンで、
実際にビルから取り壊された窓枠とか、
C2647F85-51CA-4723-9906-CFBA26775F5E
無数のカバン、それも不気味に自ら動いているもの、とか。
またもや、アウシュヴィッツをほうふつと……。

でも、ある意味、
「人生、苦しんで、いいんだ。みんな、苦しいんだ」
「何かに囚われてるっていう感覚だって、普通のものなんだ」
といった、
一種の開き直り、というか、さわやかさ、のようなものも感じました。

面白かったです。

美術館のある52階には、展望台も。
1DADAF3A-319B-46E1-AFF6-33D738FC5FD2
ほんのり、秋の夕焼け。
まだ17時半なのに。
日暮れが早くなりました。

@東京都美術館
47BA89D5-5C8E-4F35-824A-6309AAD61965
お仕事がいつもより早く上がれる日だったので、
せっかくの機会!
と、16時半に会場に飛び込んで、閉館時間17時半まで、たっぷり楽しんできました。
この時間帯、すいてます。おススメ!

全60作品、プラス 手紙やポスターなどの使用24点。
すべてに説明のキャンプションがついていました。
わかりやすくてGOOD。

解説動画も、とても親切でした。
大きいのは10分ぐらいだったかな。
小さい1分動画もあちこちに。
コーナー、作家ごとの有名作品には、X線画像とその解説パネルも。
コートルード美術研究所の研究成果によるもの、とのことです。

レーヨンの生産販売で財をなしたイギリス人実業家なんですね、Courtauldって。
わずか10年のあいだに、すごい質と量の美術品を買い付けたと知って驚きました。
フランス印象派、同時代人からの評価は低かったとは聞いていましたが、
イギリスでは見下されていたんですねえ。
そんな風潮に反旗を翻して、使命感に駆られて作品を集めたのがCourtauld氏。

作品の見事さと同時に、
芸術作品の受容、後世の研究、といった側面にも目を向けさせられました。

19世紀半ばに街並み大改革を果たしたというパリ(「ブラタモリ」でおべんきょ済み)の娯楽施設に漂う怪しげな雰囲気とか、郊外も工業化されていく様子とか、社会を垣間見るのも興味深かったです。

美術に詳しい友人と新国立美術館を訪問。
673669B5-0692-4AC1-8C25-1FD95075C924
 美術館は、とんとご無沙汰だったこともあり、何か体感してみたいなあと現代美術を選択した次第。
付け焼き刃の予習で、ユダヤ系アーティストと知りましたが、まだ記憶に新しいアウシュヴィッツを彷彿とさせる展示がここそこにありました。
ただ、アウシュヴィッツは「ナマの実物」の、まさに生々しさが迫ってきたのに対し、やはり美術館では、芸術は、生々しさの中に「美」があります。
作品群が、全体としてまた新たな作品となることを実感。
美術といえども、心臓の鼓動、天を思わせる鈴のような音色など、音響を効果的に使用していて、それが大きく響く部屋、かすかに聞こえる空間、入り混じって届く区画、それぞれに訴えかけてくるものがありました。 

11F934C1-6068-4F6C-A338-2A9351792746
この小山、黒い洋服を積み上げたもの。
アウシュヴィッツで見た、髪の毛の山を彷彿とさせます。
撮影許可エリアです。
147F26E4-6A0F-41A8-AB0C-FB9728B73F50
 上方には人々の写真。
この集合体の持つ威力に圧倒されました。
また、鑑賞者たる現実の人々もまた、芸術作品の一端であるような。
絶妙の混雑具合でもあった日曜の午後。

870AC4C1-CA41-40B1-BBC4-97E21D03BC00
この後、友人とウィーンの香りのお茶の時間を楽しみました。
あっというまに日は傾き、秋風の片鱗も体感。
FF915645-9822-4C85-A6FA-7EA0464F6E2C
閉館時間を過ぎても、乃木坂駅までのショートカットのため、敷地内を通らせてくださった美術館の配慮に感謝。 

ネットでポチッと応募した招待券が当たりまして、行ってまいりました。
五島美術館。
東急電鉄の創始者、五島家の持つ美術品を集めた美術館。
6EFA55FE-6A3B-439F-B32D-343B2E26857F
このお隣には、
五島なにがし様の表札を掲げた、門構えも立派な邸宅が並んでまして、 さすがだなぁと感じ入りました。

展示は、日本の近代絵画がメインで、
横山大観、下村観山、川合玉堂、上村松園、前田青邨……聞き知った名前がズラリ。
明治、大正期の「人物を扱った絵」というと、達磨像など仏教と関わる絵、聖徳太子像なと、歴史的な絵が多くなるのですね。平成、令和期とは全く異なります。

合わせて「石印材」いわゆるハンコも展示されてましたが、素材、字体ともに、大きさも風情も千差万別。
なるほど、これは芸術の一分野であると納得しました。
で、
新天皇即位の儀でも「金印」が重要な役割を果たしていたことを思いました。

深緑の季節。
「こちらもどうぞ」と勧められた美術館の庭園は、木々が野放図に生い茂る裏山のようになっていました。
藤棚は葉っぱばかりで花はなく、ツツジの花は枯れ果てて。
CB44D19B-2C17-43DA-929D-453EE04031A1
この日は晴天でしたが、曇天だったりしたら、ちょっとおどろおどろしいかも?

ここに向かったのはお昼前の時間帯。
せっかくだからと1時間以上、お散歩しつつ足を運びましたが、世田谷にブドウ園やら平飼いの鷄やらも発見して、ちょっとびっくり。
7F674BDC-2F53-4C65-A73C-40EB5300737B

住宅地の中にポツンとあるカフェでのランチが美味しゅうございました。
このお店、写真撮影、SNS投稿禁止とのことで、画像なし。

直射日光を浴びながらのお散歩は、後でジワジワと疲れが出ました。
ちょうど1万歩ほどの運動でした。
 

水曜午前、東京都美術館のクリムト展へ。
混雑覚悟でしたが、入場制限もまったくなく、じっくり1時間半ほどで鑑賞できました。
49A6D4A1-0039-492D-B7FF-45F2D802EA4B
大変に充実した展示でした。
上の画像は展示室出口のモニュメントですが、この「女の三世代」(ローマ国立美術館)の実物は、大きさ、図柄、色合い、迫ってくるものがありました。
やはり金箔はゴージャスです。

油彩に金箔を使用した最初の作品という「ユディトⅠ」(ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館)、今回の展覧会のチケットに採用されている「ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)」(オーストリア演劇博物館)、本物は、思ったよりも明るく淡い色合いの画面に感じました。美!

でも、最も印象深かったのは「ベートーヴェン・フリーズ(原寸大複製)」。
部屋全体の壁面が、ベートーヴェンの第9交響曲に喚起されたイメージで構成されているのです。
「黄金の甲冑で武装した騎士が幸福を求めて敵に向かい、楽園にたどり着くまでの旅路が絵巻物のように展開する。ベートーヴェンの交響曲第9番に着想を得たこの壁画は、天使たちによる合唱と、男女の接吻で締めくくられる。」
 と解説されていましたが、やはり壁全体の大きさで三方を囲まれると、迫力です。
とはいえ、その壁面全体にあふれるように絵が描かれているのではなく、画面構成にメリハリが利いているのです。リズムのようなものを感じます。さすがです。

62B6E341-0261-471E-956B-E33373CDC6A4

☝画像は、記念に買ったクリアファイルです。

エロティックなモチーフにより物議をかもすことの多かったクリムトですが、
その結果、ウィーン大学に依頼されて制作した壁画《医学》《法学》《哲学》は、まさにその点が問題視されて、結局展示されずに突き返されてしまったり、
もっと若い時期の1899年に完成した《ピアノを弾くシューベルト》《音楽》という作品が、1945年に焼失してしまったり、
残念なことも多々あったのですねえ。

1918年に55歳で死去。
ちょうど私より100歳年上と知って、ちょっと親近感がわいたりもしました。

3月25日の記録、まだ続きます。
国立西洋美術館を堪能(午前11時前から15時半過ぎまで)した後、
外に出て、上野公園の人込みにびっくり。

今日、月曜だよね?平日だよね?

と友人と確認すること数度。
疲れちゃったからお茶でも~と思うも、どこも人でいっぱい。
それなら、国立博物館でお茶する?入館料かかるけど、いいよね?
という話に。

まずは庭園へ。
IMG_0487

IMG_0488
満開とはいかないまでも
夕方のちょっと寂し気な風情での桜、なかなかよかったです。
IMG_0492
お庭に点在する日本家屋もなかなかの情趣。
そうこうするうちに、
「やっぱり展示も見たい!」
という気持ちがむくむくと。

国宝の「花下遊楽図屛風」(加納長信筆・17世紀)が展示されていました。
400年前のお花見の様子をじっくりと。

IMG_0500

IMG_0499

IMG_0497

照明が映り込んでしまっていますが、楽し気な様子が伝わります。(一部のみ撮影)
踊ってます、食べてます。
この屏風以外にも、あちこちに「桜」関係の展示があって、祝祭感が漂っていました。

IMG_0504

IMG_0510

閉館時間の17時ぎりぎりまで鑑賞続行。
ほんと、芸術でおなかいっぱい!
上野公園、偉大なり。
そうそう、
お茶する?……の話は、東博地下の自販機前のベンチにて、とあいなったのでした。

3月25日の記録の続きです。
ミュージアム・コンサートの後は、友人とランチして美術展巡り。
芸術でお腹いっぱいの一日となりました。
IMG_0472
西洋美術館自体が、コルビュジェの設計による世界遺産ですから、
美術館側にも自負と誇りを持って臨む展示会に違いありません。
その意気込みが感じられる、たいへん充実した内容でした。

IMG_0476
本館1階は撮影OKとのこと。
なるほど、この建物自体が魅力的だわ~と再確認。
採光のしかた、縦の線、横の線、美しいです。
IMG_0478
  • シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエの本名)、
  • 画家アメデ・オザンファン、
今まで私には馴染みのない名前でしたが、これで二人とお知り合いになった気持ちです。
「ピュリズム」という言葉も。

1918年には、キュビズムに対する批判を展開していたのに、
数年後にはその意義を認めてともに活動していく、という流れも面白かったです。
「形を壊すなんて怪しからん」
から始まったピュリズムの主張も、形の様式、要素と、突き詰めていくと……って話。
ジャンヌレ、オザンファン、二人の作品って1918年~1924年ぐらいに集中していて
ピュリズムの運動は1928年には終息するって、凝縮の10年間だったのですね。

でも、やはり、ジャンヌレについては
絵よりも住宅のほう、建築の旗手、ル・コルビュジエとしてのセンスに感銘を受けました。
そりゃそうですよね、だからこその世界遺産!
ドイツはワイマールのバウハウスの建物とも類似性を感じるなあ……と思ったら、
一緒に行ったドイツ留学経験あり、美術に詳しい友人が「関係あるよ」と。

いろいろ刺激を受けました。
おすすめの展覧会でございます。

そうそう、
ジャンヌレ(ル・コルビュジエ)のお兄さんはヴァイオリニストで、フランスにリトミックを広めた人なのだとか。
ジャンヌレ、オザンファンの二人が発行した雑誌『エスプリ・ヌーヴォー(新しい精神)』では音楽の評論なども掲載したのだそうですよ。
いろんなジャンルを超えた芸術活動が、新しい世の中を牽引するのでしょうね。
IMG_0486
企画展の後は、常設展もゆっくり鑑賞。
春の光が入り込むコーナーは気持ちよかったです。


常設展は撮影自由。
音楽関係の絵を撮ってみました。

♫ヴィルヘルム・ハンマースホイ(1864-1916 デンマーク)
ピアノを弾く妻イーダのいる室内(1910年)
IMG_0482


♫ラウル・デュフィ(1877-1953 フランス)
モーツァルト(1943年)
IMG_0483

↑このページのトップヘ